アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
MEISANの気ままな徒然日記
ブログ紹介
元教員。現在、スローライフの日々を送っています。日常の瑣事を気ままに綴っていこうと思っています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
西国第一番札所 青岸渡寺
西国第一番札所  青岸渡寺  10月19日から20日にかけて、久しぶりに西国三十三所巡りに出かけた。今回は和歌山県の紀伊勝浦駅からバスで30分ほど行った所にある那智山青岸渡寺。一般的には那智の滝のある所と説明した方がわかりやすいかもしれない。近年はこの地域である「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されたこともあって、外国人観光客も多くなっている。  今回の西国三十三所巡りの第一印象は、「遠い!」の一言に尽きる。京都からおよそ300km。列車では、途中から特急を利用しても片道5時間以上もかかる。これではとても日帰りは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 22:48
宇治散策(平等院etc.)
宇治散策(平等院etc.)  京都府南部に位置する宇治地域をかつて訪れたのは何年前だったのだろうか?10年ほど前のような気がするが定かではない。だが、平等院の境内にある藤棚の所で、満開の藤の花を背景にして写真を撮った記憶だけははっきりしているので、訪れたことがあるのは確かだ。その他の事は不鮮明となり忘却の彼方。人の記憶とは、歳月が流れたらそんなものかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/09 13:25
夏の出来事
夏の出来事  もうじき9月を迎える時期となり、まだまだ暑い日があるものの、今年の夏も終わりだなあという気分になってきた。  私にとって今年の夏は、色々な意味で、大変な出来事があった夏だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/08/29 18:37
朝顔
朝顔  昔、加賀千代女が朝顔の事を「朝顔に つるべ取られて もらい水」と詠んだが、朝顔ほど庶民的な感じのする夏の花は、他にないように思う。  その朝顔を、今年、我が家でも育てている。  玄関の門扉の下にプランターを置き、そこに苗を植えた。門扉を支柱の代用にした。うまいこと朝顔の蔓が門扉に巻き付きいい感じになったので満足している。  先日、その朝顔が初めて開花した。蕾もたくさんできているので、これからしばらくの間、朝顔の開花を見るのが早朝の楽しみになりそうだ。  朝顔は、以前から小学校の教材とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/07/19 17:41
夏の花々
夏の花々  7月になった。今年も半年が過ぎたことになる。光陰矢の如しだ。  一昨日の夕食では、今年も水無月(みなづき)という和菓子を食べた。旧暦の6月を指す水無月と同名で、氷に見立てた三角形の外郎(ういろう)の上に小豆が敷き詰められている和菓子だ。京都ではこれを6月30日に食べ、過ぎ去った今年半年の厄を払い、後半年の無病息災を祈願している。  京都はまだ梅雨明けしていないが、我が家の玄関先の花は、春の花から夏の花にすっかり入れ替わった。種類は春と比べると少ないが、暑さと乾燥に強い花が多い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/07/02 11:10
ギャンブル依存症について思う事
 依存症にはアルコール依存・薬物依存・ニコチン依存など多々あるが、今回ちょっと思ったのは、ギャンブル依存についてだ。  過日、IR推進法なる法律が成立した。いわゆるカジノ法案だ。大阪府などが誘致に名乗りをあげているらしい。自治体は、そこからの税収を期待しているのだろう。  それに伴って世間では、ギャンブル依存症対策を講ずる必要があると喧しい。確かにそうかもしれない。しかし、カジノ法案以前に、日本の社会において、様々なギャンブルが公認されている事実から目をそらしてはいけないように思う。  列... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/24 00:06
山の映像
 近頃、寝る直前に、テレビで山の映像を見ている。BGM付き。NHKがたびたび深夜に放送している映像だ。それを録画しておいて見るようになった。「北アルプスの四季」「北アルプス 美の点描」などとタイトルが付いている。  それらの映像をぼんやりと見ていると、疲れた脳がメンテナンスされるような気がする。心も癒されて入眠がうまくできるように思えるので習慣化してしまった。  残雪がある急峻な山々や高山に咲く花々の映像を見ていると、大自然の美しさを感じずにはいられない。  こんな事を安易に書くと、実際に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/04 17:24
西国第四番札所 施福寺
西国第四番札所 施福寺  梅雨入り前の好天が続く時季になったので、21日、久しぶりに西国三十三所巡りに出かけた。今回は、西国札所の中でも屈指の難所とされている施福寺。大阪府和泉市にある槇尾山(まきのおさん)の山腹、標高530mの位置にある。  アクセスも大変だ。京都からだと、まず阪急電車で梅田駅まで行く。次に地下鉄御堂筋線で難波駅まで行く。そこで今度は南海高野線に乗り換え、和泉中央駅で下車する。さらにはそこで南海バスの槇尾山口行きに乗り、槇尾中学校前で下車する。するとそこにオレンジバスという名のマイクロバスが待ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/23 08:18
2017年 春 我が家の花
2017年 春 我が家の花  「我が家の花」と言っても、種子から育てたわけではない。大半は、近くの園芸店で苗を買って来て育てたものだ。土も、最近はホームセンターで購入している。以前は土作りからしていたが、手間もかかるし、かえって費用が高くつくので止めた。  今年の春も様々の花が綺麗に咲いた。プランターや鉢に植え、玄関前に飾っている。  我が家のちょっとした自慢は、四季を通して玄関前に花を絶やさないように心がけていることだ。  毎年ほとんど同じような花になってしまうのだが、2017年春に咲いた花として、当ブログに載せて... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/10 13:42
2017年 長岡天満宮・乙訓寺
2017年 長岡天満宮・乙訓寺  ついこの間、花見に行って来たと思っていたら、いつしかすっかり葉桜に変わっていた。気付いたら四月末だ。季節の移ろいは本当に速い。  明日(29日)からゴールデンウイークが始まる。今年は、最長9連休になるようだ。しかし、退職しサンデー毎日の生活を送っている私にとっては、何も喜びを感じない。それどころか、どこに行っても人出が多く、苦痛に感じてしまうほどだ。  そこで、連休の始まる前に、春爛漫の季節を堪能しようと思い、今日(28日)、外出することにした。急に思い立ったので、地元の社寺に出かけること... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/28 23:07
2017年 桜だより
2017年 桜だより  京都の桜の開花宣言は、先月末の31日に出された。例年よりちょっと遅かった。ちなみに開花の基準になる標本木は、京都の場合、二条城にあるソメイヨシノだ。  開花宣言が出された後、急に暖かい日が続いたので、桜の開花が一気に進んだ。いよいよ本格的な春の到来だと喜んだものの、天気が良くなかった。曇天もしくは小雨の降る日が続いて、花見に出かける日が決まらなかった。昔から「春に三日の晴れ間なし」という天候に関する諺があるほどだから仕方がないのかもしれないのだが、ちょっとイライラした。  当初は4月11日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/11 15:09
お彼岸の墓参り
 22日・23日にかけて、信州へお彼岸の墓参りに行って来た。  今年は、亡き母の七回忌、亡き父の十三回忌にあたる。「光陰矢の如し」だと思わずにはいられない。  行きの高速バスの中で、2001年から2011年にかけて何度となく遠距離介護に通った日々に想いを巡らしていた。あの当時は気持ちが張り詰めていたこともあるが、我ながらよく頑張ったなあと思う。同じことを今やれと言われても、体力と気力の衰えがあって、到底できることではない。  墓参りの前に、空き家になっている実家の庭に立ち寄った。農作業がで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/26 13:17
座骨神経痛?
座骨神経痛?  三寒四温の気候変動が身体に影響を与えるからだろうか?それとも老化を考慮しない無理な運動のせいなのだろうか?  2月末から3月初旬にかけて、腰に近い左太腿に電流が流れるような痛みが走り、テンションが下がってしまう日々が続いた。痛みがあると趣味に関する事にも気が向かず、ただただ寝たり起きたりのつまらない日々を送っていた。  この痛みは9年ほど前から起きていて、完全に持病になってしまっている。不安になったりもするのだが、何日かしたら触っても痛くも何ともない状態に戻るのと、悪性の病気だったら他に症... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/14 18:31
2017年 大阪城公園梅林
2017年 大阪城公園梅林  以前にも書いたような記憶があるが、この時期になるといつも思い出す歌がある。『早春賦』だ。  「春は名のみの風の寒さや 谷のうぐいす歌は思えど・・・」  暦の上では立春を過ぎたとは言え、まだまだ寒い頃の様子を巧みに表現した歌だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/16 21:56
2017年 春日大社・東大寺・薬師寺
2017年 春日大社・東大寺・薬師寺  奈良にある春日大社では、昨年の11月に、古代より20年毎に実施される式年造替があった。その影響からか、昨年の大晦日、NHKの「ゆく年くる年」で生中継があった。それを見て初詣に行きたくなったのだが、凄い人出だろうと思い諦めていた。  正月気分もすっかり抜けた22日の日曜日、特に用事がなかったので、春日大社に行く気になった。天気は悪くて時雨れていた。  奈良は感覚的には遠いように感じるのだが、近鉄特急に乗れば、京都駅から34分で行ける。いつもより早起きしたので、電車の中でうとうとと居眠りしてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/01/23 22:56
雪景色
雪景色  15日(日)の朝、起きてみると10cm以上の積雪があった。雪国では何の変哲もない景色だろうが、京都では珍しい景色だ。  このため、今日やる予定だったテニスの試合は中止になってしまった。退屈なので、テレビで都道府県対抗女子駅伝を見た。雪の降る都大路を女子ランナー達が、悪天候に負けまいとするかのように走っていた。ちなみに京都のチームが優勝だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/15 19:26
地上288mからの眺望
地上288mからの眺望  初詣に行った日の午後、夕食までまだ時間があったので、大阪の天王寺にある「あべのハルカス」に行って来た。  阪急電車で梅田駅まで行き、そこで地下鉄御堂筋線に乗り換え、天王寺駅で下車した。改札を出てすぐの所が「あべのハルカス」のエレベーター乗り場になっていた。それで16階まで行った。  そこに展望台行きの搭乗券売り場があった。一日券で大人1500円。展望台のある60階まで一気にエレベーターで上った。その超高速なことと全く振動がないことにびっくりした。  展望台からは、大阪の街が360度見渡せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/11 18:59
初詣 生田神社
初詣 生田神社  冬季のわりには比較的穏やかな天気の中、新年を迎えることができた。若かった頃は気持ちをリセットして、「今年こそは・・・」と思ったりしたものだが、今ではそうした気概は薄らいでしまった。今の心境は、一休宗純の狂歌「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」と似通ったものかもしれない。  とは言え、今年一年が平穏であってほしいとは、ただただ願ったりしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/08 12:12
2016年を振り返って
 気が付いたら、今年も残すところあと4日だけ。年の瀬となり、何となく過ぎ去ったこの一年を振り返ってみたくなった。退職し平凡な年金生活を送っている身だから、取り立てて書き記すような事はほとんどない。しかし、意識するしないにかかわらず、生きて来た貴重な時の流れだから、それを書き留めておくのも意味があるのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/12/27 19:04
冬の寒さに耐えて・・・
冬の寒さに耐えて・・・  早や師走となった。今年の紅葉はほとんど終わった。吹く風は冷たく、辺りの景色は初冬の様相となった。枯れ葉が風に煽られて道路を転がっていた。  今日(2日)、玄関前のプランターや植木鉢に、冬の寒さに耐えて咲く花々を植え付けた。ビオラ・ジュリアン・ノースポール・ガーデンシクラメン・デージーなど。  これらの花々を写真に撮り、PCの「2016年 我が家の花」のフォルダに保存した。毎年のことながら、この一年、いろんな花々を植えてきたものだと感慨深かった。  植え付けが済んだら、気分がちょっと明るく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/12/02 16:55

続きを見る

トップへ

月別リンク

MEISANの気ままな徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる